グレイス・ハウスは、現在長期休業中のキリスト教宿泊施設、天城山荘の再建プロジェクトに賛同しています。

天城山荘は宗教法人日本バプテスト連盟(国内に約330教会あるバプテスト派の最大教団)が1954年より運営し、60年以上に渡り国内のキリスト教主義学校(ミッションスクール)や国内外の宣教団体、教団、諸教会の研修や集会に用いられてきました。また、一般の学校や部活動、塾の合宿や地域行政にも利用されてきた収容人数400人近い国内有数の大規模キリスト教施設です。しかし、新型コロナウィルス感染拡大による影響などもあり、2021年3月をもって長期休業(事実上の閉館)となり、現在2022年4月以降に新たに経営する譲渡先の選定を行っています。2021年10月より、天城山荘の譲渡と経営再建目的に「一般社団法人天城山荘」(通称:新法人)が設立されました。
「新生天城山荘プロジェクト」について下記の通りご案内致します。
是非、お祈りとご支援の程宜しくお願い致します。

新生天城山荘 再始動プロジェクト by 一般社団法人天城山荘

天城山荘を愛する全国のキリスト教関係者の皆さま

主の御名を賛美します。
日頃は主にある交わりを心から感謝します。
天城山荘は2021年3月をもって長期休業(事実上の閉鎖)となり、現在譲渡先を探している段階であります。私たち一般社団法人天城山荘は、その譲渡先候補となるべく、有志メンバーによって立ち上げられた一般社団法人です。私たちは天城山荘が存続されることを願い、また他の法人に譲渡されることで天城山荘の理念が引き継がれなくなることを危惧しております。これまで通り「天城山荘」を利用できるように、私達は以下「新しい天城山荘の創設」のための提案をいたします。

⑴青少年をはじめ多くの人が「学び」「交わり」を通して成長し献身を考える場としての働きを継続する。
⑵「新しい考え方」で安定的運営を目指す。

つきましては、パンフレット(趣意書)をご覧いただき、皆様に特に以下4点についてご協力頂きたく、お願い申し上げます。

1.祈りによる総合的な支援
2.必要資金への支援
3.天城山荘の利用の促進による支援
4.天城山荘で働いてくださる人材を送り出していただくことによる支援

特に、天城山荘の再開と再建のため、是非とも皆様に必要資金への支援(出資)をお願い致します。

最後になりますが、御教会の上に主の恵みが豊かにありますようにお祈り申し上げます。

在主

2021年12月12日 一般社団法人天城山荘 理事会

【再建に向けたスケジュール】
2021年12月~1月  日本バプテスト連盟理事会 譲渡先検討期間(譲渡先 理事会決議)
2022年2~3月頃  天城山荘に関する連盟臨時総会(譲渡先 総会決議)
2022年4~    天城山荘再開準備(正式譲渡後)

再建資金(寄付・出資)状況 11,151,000円

(2022.1.4現在)
目標:2022.1.31迄に2,200万(運営再開必要資金)、運営再開までに5,000万の資金調達を目標にしています。
出資(寄付・融資)については下記資料を参照下さい。

【一般社団法人天城山荘 出資申込】
2021年12/31 第一次申込締切、2022年1/31 第二次申込締切、2/28 第三次申込締切

【趣意書(パンフレット)】趣意書2021.12.12

【出資申込書】
Excel  申込用紙
PDF 申込用紙2021.12.12
出資(寄付・融資)申込フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdnZUR_DpcnV6FpjZMA41ITNU041_UR4Gwaubz9WonoIeC-9g/viewform

出資申込書、宛先:amagi.reopen@gmail.com

【賛同者募集!】※当法人の譲渡案に賛同頂ける方は下記までお願いします!応援メッセージも歓迎します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfPYvKXg_0jihLjdNJhDD9HKiyMd-a2tpwFAqhzcv6heaagzQ/viewform

【施設紹介各種動画】

◆天城山荘再始動プロジェクト オープニングムービー(1分40秒)※まずはこれから!
https://www.youtube.com/watch?v=dStmRurOF8M

◆施設紹介動画 (2分48秒)※山荘にどんな施設があるのか知りたい方はこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=FxxWMyQdWKA

◆天城山荘PV(プロモーションビデオ)(2分6秒)
https://www.youtube.com/watch?v=kyqlqH3FxBQ&t=62s

◆天城山荘再始動プロジェクト キックオフミーティング(28分17秒 2021/10/10第1回ミーティング)※プロジェクトの詳細を知りたい方はこちらをご覧下さい!
https://youtu.be/aGWmha_VMhg

【趣意書】

【天城山荘写真】

<一般社団法人天城山荘に寄せられた、新法人への賛同者の声、天城山荘存続の声>

・天城山荘のこれまでのビジョンや役割を継承しつつ、新たな体制で安定した運営を目指す「一般社団法人天城山荘」を応援しています。連盟から売却または譲渡されるようお祈りしています。
・是非、天城山荘は存続したい。
・”教会へはずっと行っていませんが、天城は大事な思い出がたくさんある場所です。頑張ってください!
・「財務的なことについては、今後20年〜50年という長期スパンで考えて、宿泊プランやイベントプランの参加者からの献金、天城指定献金や遺産献金などなど、薄く広く献金を募り、解決してゆくこと。」を見通して、どうか「交流し、信仰を知り、信仰に気づき、信仰を育む場。」として、今後も天城を天の神様のために使わせてください。よろしくお願い致します。
・バプテスト連盟所属の教会員としても、キリスト教学校の教員としても法人天城山荘の要望を叶えていただきたく存じます。賛同します。
・”小さい頃から10年以上毎年天城山荘でのサマーキャンプや子羊会に参加してきました。思い出の地をぜひ後世に存続していただきたく、お願いいたします。”
・”2020年からのコロナ禍で、私たちはFaceToFaceに頼らないコミュニケーションの方法を技術革新によって深化させることができたおかげで、テレワークやオンライン授業、ネットショッピングなど、幅広い領域でリアルな体験をオンラインによって代替することができることがわかりました。それは教会とて同じで、例え一つの場所に集まれなくても、オンライン礼拝や会議やキャッシュレス献金などで対応してきました。しかしそれから1年、我々はそのような経験がオンラインでは代替しきれない、ということを知りつつあります。感染状況が落ち着くとテレワークも徐々に減り、また、教会でもオンラインで礼拝がささげられるとはいえやはり、一つ所に集まりともに顔を合わせることの喜びが格別であるということを知りました。これからの時代、移り変わりはあるにせよ、やはり生身の身体で持って経験する価値をオンラインで代替することには限界があり、顔と顔を合わせるオフラインの関係性の重要性が変わらない価値を持っていることを知った我々は、その核となる”ハブ”を守り続けることが必要なのではないでしょうか?天城山荘がこれまでそのようなバプテスト連盟に関わらず、日本のクリスチャンにとっての”ハブ”であり続けてくれた価値は、このコロナ禍を経ても変わらないと確信しています。
・私事ではありますが、私は最近、この天城山荘で出会った人と結婚し、そして今年その二人の間に新しい生命を与る予定です。次世代のために、我々はこの天城山荘を大切に繋いでいかなければならないと思います”
・賛同します。共同納骨堂のアイデアは教会墓地を持たない教会には、納骨式、墓前礼拝等での宿泊等の利用もありそうで、良いアイデアです。将来的には連盟事務所を天城に移転して、温泉も掘り当てて付加価値を上げてと夢は広がりそうですね。応援します!
・賛同します。信者、未信者問わず広く福音に触れられる場として活用されることを望みます。
・この要望が実現することを切に願っています。進めておられる方々のご苦労と志に心から感謝します。
・理事会や天城山荘委員会などにおいて、今まで積み重ねられてきた協議や働きを否定するのではありません。同じ御言葉によって動かされている「一般社団法人天城山荘」が選ばれ、早目の再開を目指す事が出来る様に望んでいます。
・「一般社団法人天城山荘」に無償譲渡していただきますようにお願いいたします。この方々の志を尊敬し、推薦します。どうぞよろしくお願いします。存続できるよう祈っております。
・要望書に賛同します。アーメン
・お働き感謝です。天城山荘、なくなって欲しくないです。あの場所は、絶対に必要です。みなさまのお働きが守られるように祈ってます。
・天城山荘には自分が子どもの時から、自分の子どもまで何度もお世話になりました。運営が危機的状況にあると聞き、何かできないかと気にかけていました。微力ではありますが、お手伝いできることがあればと思います。天城山荘の今後の活用に良い道筋が整えられることをお祈りしております。